読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bibourokurokuの日記

ただ単に私の為の備忘録です^^100%コピペで内容は強烈な事ばかりなので、ほぼ閲覧注意レベルです。コメントに関しては100%スルーなのでお好きにどうぞ^^後内容にが重複する事もあるかも知れないので、その点もご了承下さい。

ケイ素の不思議

ケイ素の不思議

シリカというのは二酸化ケイ素もしくはそこから誘導される物質の総称ですが、まだまだ人々にその価値は知られていないようです。ドイツのアドルフ・ブテナント氏がシリカが生命に重要な要素であることを提唱したとのことです。カルマグの関係とシリカは密接にかかわっています。シリカはコラーゲンを束ねて結合組織を増強し、コラーゲンの再生を促します。毛髪やつめにも豊富に含まれており、アンチエイジングにも役立ちます。

また歯のエナメル質を固くすることで虫歯を予防する効果もあります。シリカはコレステロールが血管に付着することを防ぎ、動脈硬化を予防する効果もあるといわれています。放射能等のセシウムはミネラルに属しますが、ケイ素はミネラルを吸着します。脂溶性の毒でないですがセシウムも脂肪に蓄積するので、脂溶性毒の排泄にも役立ちますし放射能の解毒にも役立ちます。

便秘の場合、腸内が悪化している場合、キレーション作用も出にくいので便秘とケイ素の解毒力も関係してきます。またケイ素は毒
素吸着材だけでなく、胃の酸・アルカリバランスを整えたりする作用もあります。これらの効果が科学的にかなりわかってきており、そのため医療業界だけでなく美容業界でも使われています。骨の領域でもよく使われています。

ケイ素やシリカは昆布やハマグリ、ゴマ、パセリ、玄米、大豆などに多く含まれています。サプリも売られているがやはり自然物からとったほうが、他の意味でも都合いいことは間違いないでしょう。ただ現在の食品にはほかの栄養素同様ケイ素も少ない傾向があるようです。ケイ素はこの世界の中ではかなり重要なミネラルであり、なくてはいけないものですがまたありすぎても困ります。

通販ショップにもおいていますが、こういうものは使用の目的をはっきりさせることが重要です。ケイ素は単価が高いのですが、液体ケイ素の場合調味料のように少しずつ使え、その場合は500mlなら6か月はもちますので、月単価はそれほどにはなりません。私もいろんな料理にちょちょっといれるので、参考にしていただければと思います。