読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bibourokurokuの日記

ただ単に私の為の備忘録です^^100%コピペで内容は強烈な事ばかりなので、ほぼ閲覧注意レベルです。コメントに関しては100%スルーなのでお好きにどうぞ^^後内容にが重複する事もあるかも知れないので、その点もご了承下さい。

この世の「からくり」に疎いと、殺されます!

★ひとつ前の記事での大事な点の抜粋
★この世の「からくり」に疎いと、殺されます!

★厚生省は、本当に病を治す、臨床もしっかりあるすぐれた医薬には認可しない! 外資系の薬害のある毒入り製薬はすぐに許可する。
 
★健康や医薬関連の技術を統括する厚生省だけでなく、エネルギー、IT、様々な先端技術開発のその他分野でも、日本人がいくら優れた技術開発をしても、日本政府により、つぶされる。

★だから、脱日本して、日本を再建するために力をつけておく、「エンジェルバンク構想、坂の上理論」が必須なんです。
 
★あほじゃない限り、そろそろ、もうなぜだか分かりますね? 
 
_____以下、下の記事からの引用_____

これらは、それぞれそれほど高くないものですが、正直言って、これらこそ、次世代の「病を治す薬」ですので、これらを摂取しているだけで、

ほとんどの病気は治ります。

細胞を活性化し、細胞の中の酸化や劣化を止めたりする処方のものも研究開発されており、

これらを飲んでいるだけで、寿命は格段に延びますし、健康でもいられます。

そんな西洋医学に基づかない、画期的な真の次世代の医薬技術にもとづく商品がすでに、できています。

これらの出現により、多くの難病と言われている対処不能な病気の多くが、実際に改善されていきますし、

人間は若さを長く保ったまま、長寿でいることもできます。

しかし、これらは、医薬品として、認可されないでしょうね。

だから、医薬品として極めて優れているので、許可が下りないため、そういう商品は、たくさんのゴミ、クズのような価値のない健康食品と一緒に、

健康食品というカテゴリーの中でしか、販売できないのです。

しかも、薬事法がありますので、事実でも、効果を言えない。

だから、たいした内容の製品ではないニセモノの健康食品やサプリメントばかりが、日本では売れていますが、実際に、中身はたいしたことがないものばかりです。

そのたくさんのゴミ商品の中に、きらりと光る本物がごく少数あっても、
 
 
一般の人には、目利きがないので、たくさんのニセモノの中から、本物を選べないんですね。

一般人はそれほど賢くないので、わからないんです。だから、宣伝に簡単に騙されます。政府にも騙されます。

厚生省が言っているから、大丈夫だ!と思います。

愚かですね・・・・

わたしなんか、厚生省が認可した、というだけで、

「また、あらたな外資系製薬会社からの毒だな」
「今度は、なんの害毒の成分をこっそり隠しいれたんだろうな?」とすぐに疑いますがね。
 
厚生省が言うから、信用できないんですよ。

ものがわかっている人は、そういう認識なんです。

厚生省が、本当にすばらしい薬を認可するはずがないからです。

厚生省が認可するのは、外資系製薬会社(国際金融マフィアの化学テロ実行部隊の会社、ロックフェラーの製薬利権)にからんだ、害毒のある「世界人口削減」のための薬を真っ先に、認可するのです。 

 

なぜか、もうわかりますね?
 

みんな病気にならなくなり、なっても、がんも含めて、簡単に治癒できてしまうので、

病院、医者が大量に廃業になるからです。

国際金融マフィアが世界人口を減らしたいし、日本国民に死滅してもらいたいので、

食毒で病気にして、医療で、殺す、というルートができています。

それに長生きしてもらうと、年金払い続けねばならないので、定年後はそこそこで病気になって、財産を巻き上げてから、医療でとどめを刺し、死んでもらう、というのは、厚生省にとっても、良いことなんですね。
 

財政上、老人の長生きは困りますからね。
 

本当に画期的な、ぶっ飛ぶような素晴らしい発明や技術、真の病を根源から治してしまう医薬には、

厚生省は認可しませんし、日本政府がつぶしにかかります。
 

医薬だけではない。

エネルギーから、何から、すべての突出したすぐれた技術は、そうであればあるほど、既得権益の大企業の利益を阻害しますので、
通産省や、厚生省など、管轄省庁がつぶしにかかります。
 
今まで、日本人の天才たちが発明した優れた技術や事業を、日本政府がつぶしていくのをたくさん見てきました。

日本で一所懸命、すぐれた研究開発をして、すぐれた臨床データのある製薬を開発しても、

この博士の製薬と同様に、優れていればいるほど、厚生省は認可しませんよ。
 
 
なぜなら、病を治し、さらに、人間が、病気にならなくなるから!
 
 
重要なことなのでもう一度言います。
  

病がなくなり、人が病気にならなくなれば、医者と病院、製薬会社が倒産するから、困るから、どれだけ優れた画期的な製薬を日本人が開発しても、厚生省は認可しないのです。
  
 
考えればわかることですが、製薬会社、医者や病院の商売なんで、これら機関は、国民に病気になってもらわないと飯の食い上げになるおで、困るからなのです。 
 
 
また、外資系の薬害ワクチンや害ある薬、抗がん剤などが売れなくなるから、ロックフェラーが儲からなくなりますね?
  
 

そういうことなんですよ。分かりましたか?
   

人の命など大事にしていないんです。ぜんぶ、ビジネスです。
 

日本とは、そういう見下げた、世界最低の政府をもつ哀れな国なんです。
 
 
日本民族の死滅のために、ワクチンや医療、薬害のある薬、害ある食品で、日本民族を大量に殺害している最中なのに、

彼らの利害の代理人にすぎない厚生省か、本当に効く素晴らしい製薬を認可するわけないですよ。

 
やっていることは、「国民を殺しま省」ですから、
 

厚生省は、基本、製薬会社と医者、ロックフェラーの利権をまもることしかしてませんからね。

国民の健康と生命は守らず、製薬会社と医者、病院と、医療利権化している彼らの利害をまもるだけ。

製薬利権で甘い汁をすうロックフェラーを儲けさせるために、毒を認可するのが、厚生省のしている真実です。

だから、国民を殺しても、ロックフェラーの利権をまもることが、厚生省の真実ですから、一番信用したらダメな詐欺団体ですからね。 

しかし、日本人が開発したすばらしい医薬や、技術、商品、事業を絶やされてはなりません。
 
日本に希望がないからと言って、日本政府が日本の素晴らしい技術や医薬に投資せず、むしろつぶしにかかるからと言って、

あきらめて、やめてしまってはなりません。

エンジェルバンク、坂の上零にご相談ください。

その技術、医薬、事業、ノウハウがほしい国々があります。

そこで先に実用化し、お金を稼ぎ、既成事実を作ったほうがいい。

日本政府に期待することは何もありません。
 

日本政府のおかげで、日本は沈没してゆくだけですから、

日本政府を頼ってもなりません。

日本政府こそ、日本国民と日本国をむしばむがん細胞です。

すばらしい日本を弱体化させ、敵の利益のために、優れた日本をめちゃくちゃにしてゆく「敵の手下、日本へのテロ実行部隊」です。
 

もう政府に頼らず、民間で助け合って、生き延びるしか、生き残れません。
 

本当にできる天才や秀才、すばらしい企業は、一度、日本を見捨てるしかないでしょう。 

今、生き延びるためには、賢い人は、脱日本なのです。

しかし、一社では生き残れません。だから、坂の上理論でも述べているように、わたしには生き延びるための具体策、ある構想があります。
 
さらに、日本は、日本政府により、壊滅的に破壊されつくされますから、このままでは「ご臨終」まっしぐらです。

しかし、もう政治では日本を変えられませんから、一度、荒療治で、終わってもらって、地獄に落ちてもらうしかないでしょう。

ただ、愛国心はありますから、

今、脱日本するのは、今から、10年後にボロボロになった日本をともに再建するために、海外で力をつけておくためです。 

日本を再建させ、本来の日本を取り戻す日が来るためには、一度、今のバカな日本政府に死んでもらわねばなりません。

クーデターを起こす必要もなく、もうすぐこの国は自滅していきます。

今の日本政府に一度、終わってもらうためです。 

そこから、人員を総入れ替えして、資本も投資し、
 
新しい本来あるべき日本を、もう一度、私たちの手で作り上げましょう。

その時のために、我々は殺されてしまうわけにはいきませんし、

生き延びて、力をつけておかねばなりません。

そして、力とは、先見性、神と通じる力、ずば抜けた経済力と技術力、そして、仲間同士の結束力です。

どれが欠けてもダメです。