読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bibourokurokuの日記

ただ単に私の為の備忘録です^^100%コピペで内容は強烈な事ばかりなので、ほぼ閲覧注意レベルです。コメントに関しては100%スルーなのでお好きにどうぞ^^後内容にが重複する事もあるかも知れないので、その点もご了承下さい。

惨劇を繰り返さないために、戦争劇の裏舞台を考える。

惨劇を繰り返さないために、戦争劇の裏舞台を考える。
ここのところキナ臭い東シナ海、北のミサイル、中東問題のその裏で。

世界の人々はヒトラ-を歴史に残る残虐な独裁者と一般的にはとらえているはずですが、世界的(白人的見地)から見れば、我々日本もまたヒトラ-率いるドイツと同じであるのですが、本当に私達のお爺さん世代の日本は狂人の国だったのでしょうか?
当然答えはノ-ですよね。
そう、狂人で無い普通の人達がプロパガンダに扇動され、ミスリ-ドされ、偏重したポピュリズムや危機感、さらには愛国心が形成された先に戦争が起こるのです。

この例を分かりやすく端的に説明するためにヒトラ-を例に挙げてみましょう。
絶妙なプロパガンダによる大衆扇動により、国民の圧倒的な支持を得て、ユダヤ人迫害と大戦開始劇の主役を演じたヒトラ-もまた、ユダヤ人であったと言われている事を皆さんはご存知でしょうか?

そんなバカな!ありえない!と思われる方が圧倒的でしょうが、ヒトラ-の躍進を年表で見てみると、それこそもっと「あり得ない」んです。

アドルフ・ヒトラ-1989年4月20日オーストリア生まれ
ア-リア系オ-ストリア人で25歳までは売れない画家であった。

1914年(25歳)に始まった第一次世界大戦バイエルン王国義勇兵として従軍し、1918年(29歳)の終戦時の階級は兵長
1919年(30歳)政府軍のスパイとして、ドイツ労働者党(ナチスの前身)へ潜入調査開始。
1921年(32歳)にナチ党党首就任。総統(Führerフュ-ラ-)の呼称が始まる。
1932年(43歳)にドイツ国籍を取得。この時まではヒトラ-はドイツ人ですらなかった。
1933年(44歳)帰化した翌年にドイツ首相就任
1934年(45歳)国家元首帰化して2年で国家元首ってあり?
1938年(49歳)オ-ストリア併合
1939年(50歳)チェコスロバキア侵攻、第二次世界大戦
1945年(56歳)自殺、ドイツ降伏。

そして、その実ヒトラ-は死んでいなかったと言われています。
・ロシアの見解とイギリスの見解が真っ向正反対な事。
・ヒトラ-と妻エヴァの遺体の正式な確認はされていな事。
・1945年7月17日、ポツダム会談のランチ中、スターリンは、「ヒトラーは生きており、スぺインかアルゼンチンに逃亡した」と発言した事。
ポツダム会談の主要メンバ-のチャ-チル、トル-マン、スタ-リンの三人はユダヤ人だと言う事。
この信じられない背景は何か?ヒトラ-を支援したのは誰か?

戦争とは、破膨大な武器の消費と破壊によって、莫大な利益と権益を得る人々にとってなくてはならない壮大な公共事業とも言えます。

「世界的な事件は偶然に起こる事は決してない。そうなるように前もって仕組まれていたと私はあなたに賭けてもいい」
米国第32代大統領フランクリン・D・ルーズベルト

洋の東西古今を問わず「国民のため、民族のため」と煽り、戦争も辞さないとまくし立てる扇動政治家達とその家族が、前線に行く事がないのも当たり前なのです。
まるで現在のどこかの国のようですね。

歴史の裏を知り、現在の真実を知る。未来を護るために扇動されない視点と思考を養う事が何より大事なのでしょう。
これをウソだとお思いになられる方々は、ご自分でお調べになる事をお勧め致します。