読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bibourokurokuの日記

ただ単に私の為の備忘録です^^100%コピペで内容は強烈な事ばかりなので、ほぼ閲覧注意レベルです。コメントに関しては100%スルーなのでお好きにどうぞ^^後内容にが重複する事もあるかも知れないので、その点もご了承下さい。

癌検診は受けてはいけない

癌検診は受けてはいけない

  ① 人間ドック
  ② 脳ドック
  ③ 癌検診
  ④ メタボ検診
  ⑤ 定期健康診断

これらを五大検診と呼びます。五大検診は、表向きは国民の健康を守るという建前になっています。しかし、実情は巨大医療産業の利益を守るために存在します。五大検診ビジネスは健常人を病人に仕立てて、さらに検査漬け、薬漬け、手術漬けで稼ぐための罠・仕掛けなのです。

人間ドックは日本人だけの奇習です。人間ドック検診で最も恐ろしいのが、レントゲン検査によるX線被曝です。放射線の一種X線には、強烈な発癌性があります。さらに催奇形性もあります。いずれも、放射線エネルギーが遺伝子 DNA を破壊してしまうからです。一度でもレントゲン検査を受けると、発癌リスクは高まります。癌を防ぐための検診が、逆に癌を増やしているのです。人間ドックは癌患者製造施設なのです。

定期健診には、病気を防いだり、寿命を延ばす効果はありません。欧米では、行政も企業も定期健診などしていません。定期健診は日本だけの奇習です。日本では労働安全衛生法で雇用主に強制されており、拒否すると処罰されます。特に怖いのが、胸部X線撮影や胃のバリウムを国家が強制している事です。定期とは言えませんがマンモグラフィーの恐怖の検査の代表格です。

日本人の死亡原因のトップは癌です。厚労省の発表では、年間約35万人が癌で死亡しているそうです。しかし、この数字には悪質な誤魔化しがあります。癌で死亡したとされる患者の約8割は、癌で亡くなっているのではありません。彼らは癌ではなく、病院で施された癌治療の犠牲者なのです。大半の患者は、癌以外の死因で亡くなっています。その多くは感染症です。肺炎、院内感染、インフルエンザ、カンジダ感染症・・・ など。なぜ、大半の癌患者が感染症で命を落とすのでしょうか?それは、彼らの免疫力が限りなくゼロになっているからです。癌患者に大量投与された抗癌剤、大量照射された放射線、不要な手術による疲弊などによる副作用が原因です。

検査で見つかる癌は良性の癌もどきです。それを抗癌剤放射線、手術で悪性化、狂暴化させているのが、癌治療の悪魔的正体です。