読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bibourokurokuの日記

ただ単に私の為の備忘録です^^100%コピペで内容は強烈な事ばかりなので、ほぼ閲覧注意レベルです。コメントに関しては100%スルーなのでお好きにどうぞ^^後内容にが重複する事もあるかも知れないので、その点もご了承下さい。

【 麻疹ワクチンへの誘導劇に騙されないで! 】

【 麻疹ワクチンへの誘導劇に騙されないで! 】

大阪空港における麻疹感染について、大阪府が調査を発表しました。驚いたことに、今回麻疹に感染した33人中の12人が、すでにワクチンを2回受けていました。にも関わらず、麻疹に罹患。ワクチンは効いてません。
http://www.pref.osaka.lg.jp/…/osakakansen…/mashinsyudan.html

マスコミが、麻疹を大騒ぎしていますが、
感染者の33人中のすべての方が、現在、もう回復状態にあります。
参考記事 http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php…

いま世間では、麻疹がまるで死に至る危険な病気のように騒ぎ立てて、ワクチンしか対応策がないと報道していますが…とんでもない「ワクチン誘導劇」ですね。今年の麻疹騒ぎは何か異常さを感じます。皆さん騙されないでくださいね。代表・山本のワンダフルワールドより麻疹にかんする記事を転載します。事務局
_______________________

【 はしかワクチン、パパにも危険 】
http://wonderful-ww.jugem.jp/?day=20160912

9月5日、東京・銀座での「はしかワクチン」勉強会、質疑も多く、もりあがりました(暑い中、来てくれてありがとう!)。当日、話を聞いた人は、こんな脅し記事↓にうろたえることはないでしょう。

はしか 20、30代は要注意 空港や催しで感染広がる
2016年9月6日 http://www.tokyo-np.co.jp/…/…/201609/CK2016090602000166.html
 ・・・岐阜市の矢嶋小児科小児循環器クリニックは成人向けの接種をメールマガジンで呼び掛けたところ、十一人が訪れた。予防接種を受けた同市の男性会社員28は「看護師の妻から、大人がかかると重い症状が出ると言われ、四カ月の長男にうつさないために来ました」と話す。接種歴は一回。妻の妊娠時に受けた抗体検査でも低い数値で、うつりやすいと分かったという。女性会社員37は「母子手帳をなくし、接種を受けたか分からないので打っておこうと思いました」と話す。矢嶋茂裕院長58は「集団感染が起きたからと動くのではなく、母子手帳などで接種歴を確認し、きちんと接種を受けておくことが大切」と指摘する。
 二〇一五年、日本は世界保健機関WHOから、国内に土着するウイルスによる感染がなくなったとして「排除状態」の認定を受けた。国立感染症研究所(感染研)によると、同年の感染者数はわずか三十五人だった。感染研によると、今回は海外から持ち込まれたとみられるウイルスが、まず関西国際空港大阪府)職員の間で広がった。さらに、八月十四日に千葉県の幕張メッセであったコンサートに行った兵庫県の男性19や、八月二十六日に東京都立川市であったアニメイベントを訪れた客がその後、感染していたことが判明。関空の対岸にある商業施設を訪れた三十代男性も感染が確認された。すでに一五年の感染者数を上回り、感染の広がりが懸念されている。はしかは感染力が非常に強く、空気感染や飛沫感染などで、同じ時に同じ場所にいただけでも感染する恐れがある。感染の発生場所にいて、十~十二日後に発熱した場合は注意が必要だ。根本的な対策はワクチン接種だが、免疫が弱く感染のリスクが高いのは、二十六歳前後から三十代後半の子育て世代だ。
 国内では一九七八年十月からワクチンの定期接種が始まり、主に一~六歳児に一回の接種が行われたが、時間の経過とともに免疫が弱くなっている。九〇年度以降生まれの人は、国の臨時対策や風疹との混合ワクチン(MR)で二回接種を受けている。逆に五十代以上は子どものころに流行し免疫がある可能性が高い。ただ、どの世代でも未接種の人はいるため確認が必要だ。矢嶋院長は「リスクが高いのは子育て世代なので、家族のことを考えてワクチン接種を受けてほしい」と話す。ワクチン接種希望者は、小児科のある医療機関にMRワクチンの在庫があることが多いので、問い合わせを。費用は一万円前後。


 あまりにもいい加減な記事なので、マーカー部分に関し、簡単に反論しておきます。順不同
 1 ワクチン接種が根本的な対策(はしかにかからない)というのは真っ赤なウソでしょう。アメリカの「はしか流行」でも、罹患した人の多くは1回~3回の接種済みでした。このことは当ブログで何回も書いてるし、有名な話なので検索してみて。日本では厚労省HPには統計はないし(かなり詳しく探せば出てくる)、学術論文などは作為を感じるものばかりで、データそのものが信用できない。
 2「国内では1978年に定期接種が始まり・・・」とありますが、今と違って当時は「義務接種」だったこと、しかも当時は一回で「終生免疫がつく」とされていたことくらい、調べて、書いて。なお、「時間の経過とともに免疫が弱く」なったのは、人工的なワクチンではそもそも「免疫」はつかないからです(抗体はできる)。
 3「九〇年度以降に生まれた人はMR二回接種を受けている」・・・大事な事件を省いていますね。1989年、それまで個別接種だったはしかワクチンは、三種混合ワクチンMMR(はしか、おたふく、水ほうそう)に切り替えられますが、このMMRを打たれた赤ちゃんが、次々に、発熱、嘔吐、項部硬直などから、難聴、小脳失調症、急性脳症、てんかん知的障害などを発症した事件でした。被害者は被害団体の調べで約1800人、厚労省の被害認定数も1041に登り、わかっているだけで当時6人が亡くなっています。フォローしていたら死者はさらに増えていたでしょう・・・当時、世界最悪のワクチン被害でした。
 4 これに怒った全国の親たちが、ワクチン被害の補償と、危険なワクチン停止を求めて全国的運動を展開。それでも厚顔厚労省は接種を続行していましたが、一部の親が事件を提訴するにいたり、1994年、ようやくMMRを中止します。予防接種法を改正して「義務接種」を中止したのもこの事件の結果。でも、それまでに四年もかかっている。この事件が起きたとき子どもだった人々が、今、20代、30代の「ワクチン未接種」世代で、そこがワクチン・ビジネスのターゲットとして狙われているわけです。・・・歴史を知らないとだまされる。
 5このMMR禍事件を受けて(原因はおたふくワクチンとされたー詳細略)、日本のワクチンメーカーはMMRをあきらめ、MRにしたのです。でも、厚労省がMRを定期接種としたのは2006年(この時から2回接種になった)、つまりMRの歴史はまだ十年にしかなっていません。そして、この間、MRワクチンでも多くの被害が起きています(山本の話を聞いた人は「そりゃ当然」とわかるでしょう)。
 過去11年間、はしかによる死者はゼロ。その間、ワクチン被害は823件(死亡5含む)、うち「治癒」はわずか200件。
 はしかとはしかワクチン、どちらが怖い?