読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bibourokurokuの日記

ただ単に私の為の備忘録です^^100%コピペで内容は強烈な事ばかりなので、ほぼ閲覧注意レベルです。コメントに関しては100%スルーなのでお好きにどうぞ^^後内容にが重複する事もあるかも知れないので、その点もご了承下さい。

【 ホイップクリームと生クリームの違い 】

【 ホイップクリームと生クリームの違い 】
 
単純に言えば「植物性」と「動物性」の違い。
 
___________
動物性と言うのは牛乳由来の乳脂肪の事
 
メリット
香りや 口溶けが良い 淡く消える感じ
 
デメリット 
高い 賞味期限が短い 数日程度
 
無添加の場合 固まる範囲がシビア 分離してしまう事も・・・
___________
植物性と言うのはサラダ油のような精製された油をベースに様々な添加物で調整した物。
 
メリット
安い 大体動物性の4分の1から3分の1くらい
添加物のお陰も有って綺麗にデコレーション出来る。
賞味期限が長い1~2ヶ月はザラ
 
デメリット
口溶けが悪く 口の中にいつまでも残る感じ
メーカーによってはトランス脂肪酸の含有量が多い場合も・・・
___________
 
日本では動物性クリームは法律でクリームと表記できますが
植物性はそのまま表記はできません。
  
そこで 「ホイップ」とか「ホイップクリーム」のような表記が一般的に使用されるようになりました。

逆に言えば ホイップと書いてある物は 植物性のモノがほとんど。一般的にケーキ屋さんでは ホイップクリームをベースに生クリームを混ぜた物を使っています。
  
100%生クリームだととても高いのと 2~3時間で分離してしまったりする事もあり 綺麗なデコレーションが長時間維持出来ないからです。
  
あと一般的な成分表を載せておきます。
ホイップは人工的なものなので形状も自由に出来ます。
 
泡立てて冷凍したものや 粉末状の物等
ただホイップの原材料は どれも似たような物ですね。
___________
生クリーム
 
原材料名
クリーム(乳製品)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル)、安定剤(グアーガム、カラギナン)
200ml 400円くらい 無添加製品も有る
___________
ホイップクリーム
 
原材料名 
植物油脂、乳製品、乳化剤(大豆由来)、メタリン酸Na、香料、安定剤(増粘多糖類)、着色料(カロチン)
200ml 100~150円くらい
___________
冷凍ホイップ

原材料名
植物性油脂、砂糖、水あめ、乳製品、カセインNa、乳化剤(大豆由来)、セルロース、香料、安定剤(増粘多糖類)、メタリン酸Na
出来上がり状態で500ml 280円くらい
___________
粉末状ホイップ
 
原材料名
植物油脂、砂糖、粉末水あめ、乳化剤(大豆由来)、カゼイン(乳由来)、香料、炭酸Ca、着色料(カロチン、V、B2)
出来上がり状態で250ml 170円くらい
___________
 
  
一般的に外食産業ではほとんどがホイップ以下です。
生クリームを使う店は余程良心的な店。