読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bibourokurokuの日記

ただ単に私の為の備忘録です^^100%コピペで内容は強烈な事ばかりなので、ほぼ閲覧注意レベルです。コメントに関しては100%スルーなのでお好きにどうぞ^^後内容にが重複する事もあるかも知れないので、その点もご了承下さい。

油のヘキサン処理

油のヘキサン処理

サラダ油はノルマルヘキサン(劇薬)で抽出されています。
そうじゃないものは、圧搾一番絞りと書いてあります。
サラダ油を選ぶとしたら、この表示を探してください。
・圧搾一番絞り

次に、
・NON-GM(遺伝子組み換えでない、分別などの表記があるものを)
ちなみに米油について、全部とは言いませんが、ほとんどは糠から抽出するのではなく、玄米からヘキサン抽出をされています。
ヘキサン抽出をしたものは、苛性ソーダで中和され油には残っていないとされているため表示はされません(加工助剤)

ヘキサン処理された油は酸化が早く、抗酸化物質も除去されていることが多いようです。つまり、高そうな圧搾一番絞りの油でも、比較的長く使えると思えば高価ではないと言えます。(実際そういう声もあります。)。

また醤油の脱脂加工大豆や農業で使い大豆カス、菜種カスもヘキサ
ン処理している可能性があるので気になる方はメーカーに聞くとい
いでしょう。

ちなみにある業界では、消泡剤が入った油もあるということを覚えておくといいでしょう。まさにヘキサンプラスチック仕立ての、プラスチック添えみたいな感じですね。

●ノルマル・ヘキサン抽出油脂
 「普通のサラダ油」は、カナダやオーストラリアから輸入された原料(遺伝子組換えされているものがある)を使った食用油を無色、無臭にまで精製してあるもので、薬品(ノルマル・ヘキサン)で抽出し、苛性ソーダやクエン酸、シュウ酸、リン酸、活性白土などを使って精製するという工程を経て、商品化されています。ノルマル・ヘキサン抽出や高温処理によって脂肪酸は安全なシス型から有害なトランス型に変わります。また、製造工程中に薬品を使う危険性、遺伝子組換作物の危険性があるとともに、原料の持つ栄養分=抗酸化物質もいっしょに取り除かれてしまうので、開封後の酸化の進みが激しく、病気の原因である活性酸素を取り除く効果が発揮されません。実に抗酸化力は自然抽出油に比べて300分の1にまで落ちてしまうといわれます。(オルターから引用)

私はできるだけヘキサン処理していない油を使っています。今回の
玄米オイルもそういう意味では上級なオイルです。しかし家にはヘキサン処理した米オイルもおいてあり、料理にも使っています。これは健康よりもお手軽さと味を重視した結果です。お金に余裕がある人はすべて良いオイルにすればいいと思うのですが、お金に余裕がない人は安いけどましな油と、髙いけど良い油をうまくつかいわけるほうがいいでしょう。さらに余裕がない人は高い油は一切かわないで、ラードやフェットや、クロケッドクリーム(バターより安い)などを料理にうまく応用すればいいでしょう。もちろんお金に余裕がない人は三食をやめたほうがいいと思いますが。