読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bibourokurokuの日記

ただ単に私の為の備忘録です^^100%コピペで内容は強烈な事ばかりなので、ほぼ閲覧注意レベルです。コメントに関しては100%スルーなのでお好きにどうぞ^^後内容にが重複する事もあるかも知れないので、その点もご了承下さい。

【  アルミ鍋は削れ溶けている  】

【  アルミ鍋は削れ溶けている  】
 
2013年 子どもさんの好きな ケーキや蒸しパン等に使われる ベーキングパウダー類に使用されるアルミニウムに問題があるという事で厚生労働省が使用量に規制を掛けました。
   
アルミニウムは ラットを用いた動物実験では、アルミニウムを多量に投与したときに腎臓や膀胱への影響や握力の低下などが認められています。
 
食品の安全性を評価している国際機関(JECFA:FAO/WHO合同食品添加物専門家会議)では、暫定的な許容量として、体重1kg、一週間当たり、2mgという値を設定しています。
 
 あくまでも暫定的な許容量です。
 
これで行くと・・・ 
大人男性70kg.なら 1週間で 140mgという事
子どもなら20~30kg.と仮定して 40~60mg
 
子どもの場合 一日に5.7mg~10mg食べていたら 
確実に許容量を超えてしまいますね。
 
また一般的に生鮮食品等にもアルミは元々含まれています。
 
これら食物中から摂取されるアルミニウムは普通1日10mgと言われています。
 
大人の食べる量で10mgとしても
  この時点で結構厳しい基準ですね。
 
そんな所から 今までアルミ鍋もまったく規制が有りませんでしたが こうなって来ると要注意です。
 
アルミニウムは大量に摂取すると中枢神経障害や骨軟化症 腎臓や握力に障害が起こることが動物実験で確認されています。
 
その他 アルツハイマー病との関連も指摘されていますが、現状では 原因として特定されている分けではない。
__________
 

アルツハイマー病患者の 脳の一部にアルミが大量に蓄積されている事は分かっているがアルツハイマー病だから蓄積したのか?その他の要因で蓄積してアルツハイマー病になったのか?が まだはっきり特定できていない。
 
腎機能が低下していることで、アルミ成分を摂取されやすくなるという見解もある。
これは元々透析患者さんの中に アルミによる透析脳症を発生した患者さんがいたからです。
ただかなり過剰な量が入った場合なので一般的に健康な人は心配ないようです。
__________
 
では実際アルミ鍋から どのくらいアルミが溶け出しているのか?
ですが予想以上に溶け出しているようです。
 
静岡県総合教育センターのページにアルミ鍋がどのくらい溶けているか実験結果がありました。
 
清水町立清水小学校5年生の実験ですが静岡県学生科学賞・県知事賞を受賞しております。
 
以下URL
http://gakusyu.shizuoka-c.ed.jp/scien…/ronnbunshu/031001.pdf
参考にして下さい。
 
これだと条件にもよりますが1mgまでしか計れないので もしかしたら1mg以上溶け出しているかもしれません。
 
これが3食毎日や 作り置きしていたりすると影響は大きいと思われます。
 
その他 鍋焼きうどんの容器からどのくらい溶け出すのか
詳しく調べている方もいらっしゃいました。
 
街の成分分析屋さん
http://minerallabo100.blog.fc2.com/blog-entry-667.html
 
静岡県では給食で出す米飯容器がアルミ製との事。
 
都道府県では 給食の食器や容器はどうでしょう?
 
誤解の無いよう再度書きます。
 
アルミの危険性は、厳密には未解明です。
 
でも厚生労働省が出した「医薬品を使う上での注意事項」の中で、アルミニウム含有製剤を、透析療法を受けている人には使用してはならないと記載してあります。
 
また、健康な人であっても、長期連用は控え、腎機能が弱っている人は医師と相談の上で使用をするようにという指示が出ています。
 
またアルツハイマー病の研究をされている東京都神経科学総合研究所の黒田洋一郎先生もタバコとガンの関係のように現段階で直接の因果関係は証明できないが、アルミも危険因子でありアルミ鍋等は使わない方がよいとの見解を述べられています。
 
ただ いつも言いますが「対象物=すべて悪」ではなく 
その総摂取量が問題なのです。
 
  
逆に「許容範囲内だから大丈夫!」っというよりも
 出来るだけ少なくしたほうが影響も少ないと考えられます。
 
ヒステリックに反応せず 出来るだけ少ない摂取量になるように
日常的に 少しずつ心がける事が大切です。
 
こういう事は いきなり完璧を求めるのではなく 
日々の小さな積み重ねが大事なのです。

唾液による毒消し

よく噛んで食べるということは、多くのメリットがありますが、今回は唾液による毒消しという点で見ていきます。

唾液には多くの発がん性物質を解毒する作用があります。画像ではヒト唾液の各種化学変異原に対する処理効果(西岡ら,1980)の発表のデータです。

バクテリアの細胞に発がん物質を与えるとDNAが変異し、毒性に対し耐性をもちはじめ、増殖してコロニーを作り始めます。しかし、唾液を与えることでコロニーの数が少なくなれば、唾液が毒物の変異原性(発がん性)を打ち消したことになります。この実験では、毒物に対する唾液の毒消し力をコロニー数で判断したものです。

※ただし、近年では、発がんの原因は遺伝子異常やがん幹細胞ではなく、ミトコンドリアの損傷によるものという見解が主流になってきているため、唾液による発がん抑制というよりは、あくまで唾液による解毒作用といったほうがいいかもしれません。

画像は、たとえば発がん性物質で有名な4NQO(4-ニトロキノリンオキシド)やニトロソ化合物、そしてカビ毒であるアフラトキシン、そしてお肉や魚の焦げなどに、唾液を加えたもの・唾液を加えなかったもので比較したところ、圧倒的に唾液処理したものは毒消し効果があったことを示すものです。

ただし、唾液には個人差や年齢差などがあります。たとえば、20歳前後の唾液による効果は強いものの、高齢になるにつれ唾液による効果は極端に下がります(これはあくまで文明人での調査です)。また、疲れている状態では唾液の毒消し力は極端に下がるそうです。

また、唾液には活性酸素を打ち消す酵素も含まれています。よって、よく噛むということは唾液分泌を促進し、活性酸素や有毒物質を打ち消すという素晴らしい効能があるのです。

ここで唾液の成分を見ていきましょう。

・アミラーゼ…でんぷんの分解酵素
・リパーゼ…脂質の分解酵素
・ペルオキシダーゼ…活性酸素の消去酵素
ラクトフェリン…抗菌作用。
・リゾチーム…抗菌作用のあるタンパク。
アルブミン…乾燥防止の血漿タンパク。
・ムチン…胃まで送り込みやすくする糖タンパク。
・パロチン…若返りホルモン。
・IgA
など。

近年は柔らかい食べ物が好まれていることもあり、噛む回数が極端に減っています。まずは、しっかり噛んで食べることから始めましょう。

カニとかエビを食べてはいけない。

カニとかエビを食べてはいけない。
甲殻類にはテクネチウム同位体が含まれていると考えた方がいい。
周囲に 311以降にエビでアレルギー反応が出るようになったという人が多い。
頭で対処しないから、体が対処している。

cmk2wl‏ @cmk2wl · 2015年11月9日
カリフォルニア州のカニ食べないで、高濃度の自然毒検出
http://www.cnn.co.jp/usa/35073024.html
テクネチウムでしょ。

K2シロップの毒性

産まれて初めての赤ちゃんが口にするK2シロップ

ほとんどの場合が親の同意なしに勝手に飲まされてしまいます。

・メナテトレノン
安息香酸ナトリウム
クエン酸水和物
ゴマ油水酸化ナトリウム
・ソルビタン脂肪酸エステル
・D-ソルビトール
パラオキシ安息香酸エチル
プロピレングリコール
・ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
・香料

一番上のメナテトレノンが
ビタミンKの成分で
その下は全て添加物です…(^_^;)
(下剤だったり人工甘味料だったり…)

昔は一回だったK2シロップは近頃では3回、4回と飲まされ、お持ち帰りまで持たされるらしい💦
産まれてすぐに添加物まみれシロップを飲まされるという事に疑問が湧きませんか?

CIA日本工作員公式リスト:統一協会安倍不正選挙偽物総理の祖父:岸信介を含む

blogs.yahoo.co.jp

β酸化してるのにケトン体産生できない人

β酸化してるのにケトン体産生できない人

どんなにケトジェニックな状態に持って行こうとしても、どんなに絶食状態に持って行こうとしても、「脂肪酸やケトン体が効率の良いエネルギーになるのは、ミトコンドリアが正常に機能している人またはミトコンドリアの機能が低下していない人だけ」です。

つまり、ミトコンドリアの質を高めないことには、ファスティングをやろうと、ケトジェニックな状態に持って行こうと、β酸化やケトン体モードにはなりづらいのです。私たちが思っている以上に、現代人はミトコンドリア能のばらつきが大きく、ミトコンドリア機能が低下している人が結構多いのではないのか、ということです。そういう人が無理矢理β酸化しようとしても体調を崩すこともありえます。

先日とある臨床の研究会(ミトコンドリア関係)でも話が出たのですが、想像以上に現代人はミトコンドリア機能不全の人が多いのではないかということです。特に、電子伝達系の発現レベルが低下していることが指摘されていました。

仮にミトコンドリア機能が正常であっても、ケトン体産生の第一歩であるHMGCS2という酵素が活性化されていないければケトン体は合成されません。この酵素が活性化するにはミトコンドリア酵素SIRT3の活性が必要です(詳しくは以前の記事を参照してください)。HMGCS2の活性には、他にもグルカゴンの分泌状態、PPARαの発現、インスリンが亢進していないこと、スクシニル化が起きていないこと、NAD+/NADH比の上昇などに依存します。

ところで、β酸化しているのにケトン体が産生しない人のカラダでは何が起こっているのでしょう。

結論から言うと、糖新生か脂質合成かTCA回路かの道に進んでしまうことがわかっています(Cotter DG et al,2014)。

通常、遊離脂肪酸は細胞質でアシルCoAとなり、その後カルニチンシャトルに乗ってミトコンドリア内に運ばれます(カルニチン不足だとそもそもβ酸化さえ始まりませんのでご注意)。ミトコンドリアマトリックスに運ばれたこの脂肪酸アシルCoAはβ酸化によりアセチルCoAとなります。ここでアセチルCoAが過剰になれば自動的にケトン体が産生するとよく言われていますが、先述のようにHMGCS2酵素のスイッチがONにならなければケトン体は産生されません。

そうなると、アセチルCoAは肝外組織に移行しませんので、肝ミトコンドリア内で代謝を受けることになります。まずアセチルCoAはクエン酸シンターゼの触媒を受け、クエン酸塩とCoA-SHに代謝されます。CoA-SHはTCA回路において使用され、クエン酸塩はミトコンドリアを出て、クエン酸リアーゼによってふたたびアセチルCoAに変換され、脂質に合成されます。さらに、ピルビン酸→オキサロ酢酸経路による糖新生も増加します。

この状況で、高脂肪負荷が加わりますと、β酸化されたアセチルCoAが過剰となり、CoA-SHを隔離してしまいますので、TCA回路が阻害されます。そうすると肝障害や炎症を引き起こしてしまうのです。

ファスティングやケトジェニック状態による脂質代謝モードにしていけばたいてい多くの人がうまくはいくものですが、中にはうまくいかずに、むしろ体調を崩ししてしまうことがある場合、こういう理由も挙げられると言えます。

「経世会(旧田中派)」VS「清和会」

田中派田中角栄 逮捕 ロッキード事件(←東京地検特捜部)
経世会竹下登 失脚 リクルート事件(←東京地検特捜部)
経世会金丸信失脚逮捕 佐川急便献金・脱税(←東京地検特捜部&国税
経世会中村喜四郎 逮捕 ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
経世会小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
経世会鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
経世会橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件(←東京地検特捜部)
経世会小沢一郎 西松不正献金事件・土地取得疑惑 (←東京地検特捜部)
経世会二階俊博 西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)