読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bibourokurokuの日記

ただ単に私の為の備忘録です^^100%コピペで内容は強烈な事ばかりなので、ほぼ閲覧注意レベルです。コメントに関しては100%スルーなのでお好きにどうぞ^^後内容にが重複する事もあるかも知れないので、その点もご了承下さい。

【 安過ぎるタマゴの値段 】

【 安過ぎるタマゴの値段 】
 
いよいよ米国では 平飼いが標準に・・・ 
  
以前から卵は比較的安定している価格で販売されています。
   
しかし経済的には物価の優等生と言われてきた卵ですが 実際には安く作る為に 相当無理をしてきています。
   
なぜそうなってしまうかと言うと・・・
   
日本では個人の 小規模な鶏卵業者さんが多く 販売先は全国規模のスーパーマーケット・チェーンや大手の食品会社が多く 力を持っている為に鶏卵業者側の価格交渉力が弱かった為です。
 
つまり値上げしたくても聞き入れてもらえない。
 
大手販売業者が すべてそうだとは言いませんが消費者が安さを求めるキッカケに スーパーなどの安売りがあります。
 
「卵」以外の商品でもそうですが よくスーパーでは 実際にそんな値段で販売したら赤字になってしまうはずなのに店頭では激安価格を提示し特売セールを実施しています。
 
そういう場合は 生産者や販売卸等にも値引きを要請し 最終的に破格の値段が実現します。
 
しかし これがいつも値引きを要請してたら生産者も販売卸も生活出来なくなってしまいます。
  
そうなると販売卸は出来るだけ安い所から仕入れたいと安い生産者を探すでしょうし 生産者は どうやったらもっと安く作れるのかを考えます。
  
工業製品なら そういう考え方でも仕方ないかもしれません。
しかし食品でも同じ考えで良いのでしょうか?
  
安く大量に作る為に 鶏を改良し 
ほぼ毎日卵を産むようにし
ムヤミな突き合いを避けるために遮光し
ムヤミな突き合いを避けるためにクチバシを切り
エサを競争で食べさせるために2羽を1つのケージに入れ
一坪に70羽以上を詰め込んだり
エサは安くする為に遺伝子組み換え作物の入った配合飼料を与え
数珠繋ぎになったケージに1万羽の鶏を入れ
それを数名の従業員がコンピューターを使って管理している環境。
  
一般的にこういう鶏舎を ウィンドウレス鶏舎と言います。
また鶏を入れているケージを バタリーケージと言います。
  
(ただ管理者によってかなり上記環境には幅があります)
   
それらは我々が本当に求めている事でしょうか?
 
このバタリーケージ 写真左
EUではすでに使用禁止
米国でもカリフォルニア州では2015年から使用禁止

その後 米国全体でも コストコマクドナルド ウォルマート ヒルトンホテル等の大手100社以上が 2025年までに 全面的に「平飼い卵」に切り替える誓約書にサインしているとのこと。 
 
 
しかし 日本ではまだ対応されていません。
これは卵農家さんに対応するだけの予算が無いのもあります。
  
また そういう農家さんを非難するために書いているのではありません。

ある意味 農家さんも止むに止まれずやっているのです。

そういう環境を見て「可哀想」っと言うのは簡単です。
しかし農家さんに そうさせてしまったのは目先の価格に振り回されやすい私達消費者かもしれません。
 
安易に安物に飛びつくのではなく 生産の現場を正しく理解して適正価格の卵しか買わなければ 無闇に安い卵ばかりという事はなくなる筈 そうなれば きっと良い卵を作ってくれる生産者さん達も必ず出てくるはずです。
 
また良い卵とは何か?また適正価格が分からないという人も多いと思いますがネット上でも そういう情報を発信している鶏卵農家さんもいらっしゃるので 是非いろいろ調べてみて下さい。

結局の所 あまりに経済性ばかりを優先してしまう事に問題があるのであって 本来は 経済性と健全性を天秤に掛けて バランスの良い所を目指すべきだと思います。

本当に健全で美味しい卵に出会えるように 私達 消費者も勉強しましょう。

ちなみに卵の適正価格ですが 育てる環境によってもかなり幅があると思います。

僕が考えるには 過去に聞いた農家さん達の話から・・・
10個 300円が最低ライン それ以上は 育て方等 こだわり具合で様々だと思います。どこまで求めるかによって500円だったり1000円や1500円になったりすると思います。

また関係者様の経営努力を否定する物では有りませんが
10個100円という価格設定が安過ぎたのです。

いつも言いますが 自分が選ぶ物は その商品に投資&投票している事になります。

少しでも良い物を残したければ 良い物を選ぶ事をお勧め致します。
それが我々世代が 子ども達の世代に胸を張って残せる文化の1つでもあると思うのです。

【田布施システム】に関して

もう今ではすっかり有名になりまくった
田布施システム】に関して、
未だに何のことかサッパリ理解出来ないとか、

それこそ妄想だよ、
という感じに思っておられる方々の為に、
故、鬼塚英昭氏による
解りやすい解説を。↓

柳井市というのは瀬戸内海に面した、
山口県の広島寄りのところにある地なんです。
光町(ひかりまち)というのがあって、
柳井市というのがあります。

その光町と柳井の間に、
熊毛郡田布施町(くまけぐんたぶせちょう)という町があります。
光町はかなり平野で、商業地帯で工業面も盛んです。
柳井市も同じように小都市ではありますが、
かなり平野部分があります。
その光町と柳井の間に山が曲りくねるように競って、海に流れ落ちてるような狭い土地があります。

『熊毛』というのは、山が曲りくねるとか湾曲しているとか、そういう状態を日本人は昔から『熊毛』と言ったらしいんです。

それで『熊毛』という町が日本にも沢山ありますが、
大体そういう所を『熊毛』といっているみたいです。
極端にいうと人が住むのにあまり適さないような所なんです。
で、そこに田布施町というのがあります。
海辺の、海に近い所なんですが、
熊毛郡田布施町というのは、田畑もあまりなく、ほとんど雑草が生い繁るような所です。
今でもコンビにがある程度ですね。
商業地帯はほとんどない寂しい部落なんです。
私たちは田布施という町の、
これははっきり申しますと朝鮮部落です。
なぜ朝鮮部落かと申しますと、そうですね、
これはちょっと語りにくい話なんですけど、
歴史的にいいますと
山口県長州藩になる前に大内藩だったんです。》
守護大名・大内家がずっと支配してました。
大内家は完全な、
本人たちも言ってますが朝鮮人です。

大内家の家臣が毛利が侵入して負けたために散っていくわけです。
彼らが散り散りになって、ほとんどが部落民にさせられるわけです。
光市と柳井市にはさまれた寂しい市にですね、日本史の歴史の秘密が隠されています。

田布施町と柳井の間に田布施川という川が流れています。その川の両岸から、
大正から昭和それから戦争の前後にかけて凄い人材が出てきます。

あなたは現代の悪魔のマークを知っているか?

 

エコセメントと言う名前の商品がある。
それは、原発セシウム塗れのごみを燃焼させて生じた焼却灰、東北・関東の下水に溜まった汚染汚泥などを混ぜ込んで製造されたセメント。

最近はそれで、公園の椅子が作られたり、マンションの建築にも使われている。
工場は千葉であるが、関西だからと安心はできない。
Twitterなどでは、日本全国で計測し、ビックリする値もリツイートされている。

どこにも行き場の無い汚染物・・・ それをコンクリートブロックや住宅のセメントに混入させて販売している。
どうせ少しでしょ? あなたの許容限度がどれくらいか解らないが・・・
その放射能セシウムだけで、1000Bq/Kg も珍しくない。
その値は福島の汚染地域地図でグリーンの地域の土壌とほぼ同等である。

そこに赤ちゃんなら24時間、あなたが8時間眠る過ごすなら。。。
どれだけの放射線で撃ち抜かれる事になるだろう?

福島では、除染があって健康診断も不足乍らある。。
どこが危ないかも子どもでも知っている。距離を取るし足早に通り過ぎる事もできる。

が、放射能コンクリで知らないうちに被曝、それも光と同じで距離が1/2になれば・・・
放射線の影響は
布一枚で座る椅子・マンションでごろ寝しながら被曝・・・
女性なら卵巣も被曝、男性なら陰嚢がミリ単位の距離で被曝することになる。

「千葉の太平洋セメントと言う会社が、放射能汚染された汚泥をブロックやマンション用のセメントに混入させています!!」
「こんなこと許されません!!」

恐ろしいことが、平然と行われている・・・・・・・。
この日本は、異常・・・・・。

そして、家族やあなた自身を守れるのは、知識と情報だけです。

大阪市セーフ!

朗報\(^^)/

これはとりあえず本当に良かった。
大阪市セーフ٩(。•ω•。*)وいぇい

昨日のニュースだけど見逃してたわ。

なにか企んでたりする?(^^;

大阪市の水道局民営化、頓挫…議案廃案の見通し》

 大阪市の吉村洋文市長が来年4月の実現を目指していた市水道局の民営化が頓挫する見通しとなった。民営化議案は前任の橋下徹市長時代に否決後、吉村氏が昨年2月に再び提案。開会中の市議会での採決を求めたが、慎重論が根強く、廃案となる公算が大きくなったためだ。

 市議会では、少数与党大阪維新の会が民営化に賛成だが、他会派からは「生活の基盤である水道は市が責任を持って運営するべきだ」(自民党市議)、「高い技術力と豊富な人材を誇る水道局は重要な資産」(公明党市議)といった慎重意見が相次ぎ、3度にわたって継続審議となった。

 今回は維新が賛成、自民が継続審議、公明が反対の方針で、いずれも過半数に届かないため、採決できずに廃案となる見通し。

http://www.yomiuri.co.jp/osa…/news/20170324-OYO1T50020.html…

安倍降ろしの本質

安倍降ろしの本質
【動画でも話したけど…】
単に騒ぐだけよりも、仕組みを見よう🤔

海外のこういうのを見て「ああ、そういうことか」って思わなくてはいけないのかな、と。

例えばフィナンシャルタイムズ紙は、🇺🇸民主党(ロスチャイルド)のグループなのよね?

ヒラリー、ゴールドマンサックス、バチカンジョージ・ソロスロッキードIMF、日銀、旧大蔵省系、各資源メジャー(石油以外、ウラン鉱山などの開発)などなどが、このチームにいるらしいよ💦

つまり少なくとも「安倍を降ろしたい」
チームのメディアがこういう取り上げ方をしている。

一方で、共和党系(ロックフェラー)のグループには、CIA、CSIS、軍需産業、モルガンと三菱、日本の大手メディア、東京地検特捜部などなどがいて…。安倍サンはもともとこのグループが後ろ盾であったの。おじいちゃんの頃からね!

キッシンジャーアーミテージなどなど「知日派ww」さんたちもこっちのグループ。

さて、わたしは何が言いたいかっていうと、全体構造だけ頭に入れとかないと、踊らされて終わるんだ。ってこと。

わたしも現政権が変わることを望んでいる。日本会議とかファッキンだよ🤧
ただし、その奥の思惑を見て「それを持ち出してきたあいつらは、何を考えてる?次は誰を立てようとしてる?」って思わないとダメってことなんじゃないかな?

阻止しなきゃいけないことが、たくさんあるよ😅解散総選挙も近いと言われてる。安倍倒しておわりじゃないのかと。

トランプ体制になって、バランスは崩れた。あっちの両グループも覇権を守ろうと必死。そして、それはチャンスとも言える。来年は、日米原子力協定の更新年。いま、浮かれたり間違えたりしちゃいけませんよ👍

彼らは、正直、安倍なんかどうでもよくて、その先を見てる。

どう動けば、日本の未来は明るい?わたしは脱原発したいし、国債もこれ以上押し付けられたくないし、水道も種も取られたくないんだけど。

お祭り騒ぎも、慎重に…
安倍が残っても消えても、大事なのは「日本」ってマーケットを彼らから奪還することなんだ

本間真二郎FB投稿

いつも私が強調している「腸、および腸内細菌の状態が人の健康にとって最も大切」ということがわかりやすく書いている良書だと思います。
これからの医療、食事、生活などあらゆる選択に腸内細菌(マイクロバイオータ=MB)を考慮する必要があるということであり、それを考えない食事法、栄養学などは人間のことしか考えていないとても視野の狭い考え方になります。
興味を持たれた方はぜひこの本を読んでみてください。
http://ameblo.jp/rutorl/entry-12256838906.html

〜微生物の排除が病気を作っていることが常識になる時代へ Vol.2〜

このブログでは腸および腸内細菌の状態が人の健康にとって最も大切であることを繰り返しお伝えしています。最近になって、腸内細菌叢(以下マイクロバイオータ=MBと表現します)の重要性について書かれた本や雑誌、テレビ番組などを頻繁に見かけるようになりました。

以前「あなたの体は9割が細菌」という本のレビュー記事を書きました。
http://ameblo.jp/rutorl/entry-12195836302.html

今回は新たに「腸科学」という本が日本語訳で出ました。全体的に前回の「あなたの体は9割が細菌」と重なる内容が多いのですが、今回の「腸科学」では、著者の具体例を含めた食事についてもとても充実しています。とくに、肉食が主食である欧米人が肉食をしないように勧めている点は重要です。
この本についてレビューし、私の意見を加えて簡単に解説します。

この本では、西洋医学的な観点からか微生物と私たちは仕方なく共存しており、なんとかしてそれをコントロールしたいというニュアンスが散見されます。私は微生物も人も地球の分身であり、どちらが上も下も無く、始めから共存すべきもの(どうしても共存できなく攻撃的なものは排除する)と考えています。
とは言えほぼ全体を通して、このブログや私の本「病気にならない暮らし事典」で述べてきた微生物に関する記事の内容とびっくりする程内容が共通しています。私の付け加えた意見、解説は『』で示します。

①本の全体を通して述べていること
ヒトは単独の生物ではなく超個体という生態系である。MBの状態が人の健康にとって最も大切であり、これからの医療、食事、生活などあらゆる選択にMBを考慮する必要がある。

②MBとは
MBの遺伝子の総量はヒトの遺伝子の100倍以上にもなり、人ができない様々な仕事をすることができる。さらに、ヒトの遺伝子は変えられないが、MBの構成(遺伝子)は私たちの生活により変えることが可能である。
MBは指紋のように個人差があるが、明らかに遺伝の影響を受けており、自分の身体(先祖から受け継がれてきた遺伝子)に合った細菌群を選択して構成していく。しかし、生活環境もまた同様にMBの構成に影響を与えていく。
『日本人は日本人のMBをもち(もちろん一人一人個人差がある)、日本人にあった健康法がある。MBの解析や情報のほとんどは欧米人のデータであることにも注意が必要である。』

③MBと病気の関係
MBはあらゆる病気に関係しており、一部の病気では食事以上に関与していると考えられる。
例えば、アレルギー、自己免疫疾患、がん、肥満、炎症、精神、感情の問題、自閉症、うつ・・・などMBが関与していない病気を探すほうが難しいくらいである。
MBを解析することにより病気の予測、診断ができるし、MBの改善により病気を治療できる可能性がある。
微生物を排除したことが、現代病がものすごい勢いで増えている原因である。
MBは直接、間接に免疫系を支配しており、免疫系全体の感度(強度と速度)を調節している。MBのダメージによりこの調節が破たんしているのがアレルギー、自己免疫疾患の根本の原因である。しかし、これらを防ぐために、わざわざ感染症にかかる必要があるわけではなく、過度の清潔を止めるのが重要(常在菌を排除しない)である。
病原菌の影響は感染症など見えやすいが、MB(常在菌)のダメージは見えにくい形で長期の健康障害につながる。

④腸は第二の脳
腸は第2の脳で、脳とは独立した神経系を持ちながらも密接なつながりも持っている。
MBは自律神経系、ホルモン系、化学物質(神経伝達物質)のいずれでも脳と相互に連絡をとりあっている。
MBは消化管のみでなく、脳の発達に影響し、成長してからの気分、性格、ストレスに対する反応、行動にも影響を与える可能性がある。

⑤MBの獲得と変化、老化についても
母体の中の胎児は無菌状態で、MBの形成はお産のときから始まる。通常、生まれて初めて接触する菌は母の膣内の菌(主に乳酸菌)と肛門周囲(母のMB)の菌である。人生の初めに優良な初期細菌群を獲得することは、健康にとってとても大切で、生後初期(2歳半まで)のMBがとくに重要で生涯の健康に影響する。
老化によりMBも大きな影響を受けるが、MBの変化は食事の変化→MBの変化→老化の順で進むと思われる。MBを改善することにより老化のスピードを遅くできる可能性がある。

⑥MBにダメージを与える要因
欧米人のMBは近代的な生活により大きなダメージを受けている。ここでいうMBのダメージの特徴とは、細菌の多様性の減少と有害菌『日本で言われるところの悪玉菌』の増加のことである。
MBに影響する要因を以下に挙げる。
・分娩法(経膣分娩か帝王切開か)
・母乳であるか人工乳であるか
・離乳食の内容
・抗生剤の使用 特に乳幼児への投与
・抗菌グッズの使用
・ペットと家畜の有無
・土いじりをしているか 外遊びと遊び方、花壇や農作業(その場合も機械・化学肥料・農薬・除草剤・防虫剤の使用の有無)
・食事の内容(重要なので別項⑦を参照)

⑦MBの栄養と食事
MBの栄養は、ヒトの食べ残しと人が利用できない複合多糖(食物繊維)と腸粘液内の栄養でいずれも糖質(炭水化物)である。
欧米人のMBは近代的な食事法により飢餓、絶滅危惧の状態にある。
近代的な欧米人の食事とは、一般的には高脂肪、高カロリー、高単純炭水化物、低食物繊維、加工食品(微生物を含まない)を意味しますが、著者はこの中でも特に微生物の少ない食事(加工食品)と食物繊維の減少が最も重要としている。
著者の勧める食事は、以下のようになる
・ 高MAC食(MACとはMBが食べられる食事という意味で私の解説(下記)も参照してください)
・肉食を減らす
飽和脂肪酸を減らす(同じく肉食を減らすこと)
・有用菌を摂る(発酵食品をとることであり、現在の加工食品の最大の問題は微生物を含まないこと)
著者はジョークとしてBig MAC食としているが、つまりは果物、野菜、豆、未精製穀物を食べることを勧めている。

以下私の意見の追加になります。
『MBの食べ物になる炭水化物をMACとし、その内容をオリゴ糖、デンプン以外の多糖類(ペクチンやイヌリン)、食物繊維としていますが、炭水化物や食物繊維の分類が不十分でわかりにくく、誤解を招く表現になっています。』

『とくに、デンプンは小腸までにほぼ100%吸収され、MBの栄養にならないとしており、このためか食物繊維をとても強調して摂るように勧めています。しかし、最近ではデンプンにも難消化性(レジスタントスターチなど)のものがあり、大腸の奥まで届き、MBの栄養になるものも多いことがわかっています。』

『MBの栄養が炭水化物であることはこの本にも強調されていますが、食物繊維とともに、難消化性の多糖類(未精製な雑穀やいも類、豆類等)も重要であるというのが私の考えになります。』

『糖類(単糖類、二糖類)、消化の早い多糖類(精製穀物など)の糖質がMBの栄養にならない(大腸まで達しない)ばかりか、血糖値を急激に上げ健康障害の主因ですので、これらの糖質の制限が必要なのは言うまでもありません。』

『糖質には摂らない方が良いものと摂る必要があるものがあり、糖質制限ではなく糖質選択が必要ということになります。』

糖質、炭水化物の分類はとても大切で、この部分の混乱が糖質制限食の様な極端な食事法の推奨の一因になっていますので、ブログでも今後詳しく解説していきます。

今回紹介した「腸科学」は一般の人にも読みやすい内容であると思います。
興味をもたれた方は、ぜひ実物を読んでみてください。

政府に批判的な発言をすると・・・

政府に批判的な発言をすると

根拠は?
証拠は?

ってネットサポーターの
みなさまは

他人のコメント欄で
大声で臭い息を吐いて
猛り狂うじゃない。

自分のところには
ほとんど来ませんけど。。

北朝鮮のミサイルが飛んだ根拠は?🇰🇵

どこに着弾したのか?
証拠映像は?

検証するとしたら

検証する人は誰なのか?
お金の出どころは?

って話もしようよ。

菅さんが

『遺憾です。』

っていったから
ミサイルは飛んで
着弾したことになるの?

その正当性と根拠は?
茶番劇ではないの?

金融資本家のサギではないのか?

ここにはメディアさまは
一切触れないよね。

ステキで美しい国。。

だいぶ腐りかけてる。。。